平成18年度の展覧会情報



東京学芸大学日本画研究室 卒業・修了制作展 2007
平成19年3月3日(土)〜3月11日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

東京学芸大学日本画研究室に学んだ卒業生9名と大学院修了生2名による、卒業・修了制作展を開催いたします。日本画家・荒井経先生のご指導の下、日本画研究だけでなく国際交流も盛んなこの研究室でそれぞれが大いに学び、切磋琢磨しながら自己研鑽に努め、個々の作品性を深めてまいりました。また、当研究室の特色として、毎年各々が描いた古典絵画の模写を自らの手で表装するという実習を卒業制作の一環で行っております。そうした伝統的な表装の過程を展覧会と平行して分かりやすく紹介いたします。
さらに、普段あまり触れる機会のない日本画の絵の具に親しんでいただく初心者向けイベント「日本画プチ体験」も開催いたします。展示と併せてお楽しみください。

▼出品作家:

石井 槙(学部4年)
今松 亜子(学部4年)
浦野 能子(学部4年)
奥友 絵里子(学部4年)
金子 晴美(学部4年)
古谷野 綾(学部4年)

 

鈴木 亜理沙(学部4年)
土屋 由子(学部4年)
西垣 沙紀(学部4年)
越智 波留香(大学院2年)
沈 英梅(大学院2年)
 

▼概 要

展覧会名:

『東京学芸大学日本画研究室 卒業・修了制作展 2007』

会  期:

平成19年3月3日(土)〜3月11日(日)

開館時間:

午前10:00〜午後5:00(金曜のみ〜午後7時まで)

休館日:

月曜日

入場料:

無料 *イベント参加も無料です。

展示内容:

日本画及び模写〜表装実習作品

主  催:

東京学芸大学日本画研究室    http://www.u-gakugei.ac.jp/~araikei/nihonga/

協  力:

財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館

出展作品:

21点(予定)

出品作家:

学部卒業生9名/大学院修了生2名 計11名

施設概要:

2階 ミュージアムショップ 情報コーナー
3階 展示室
4階 展示室

   

付帯イベント:

「日本画プチ体験」
日時:3月10日(土) 午前10時〜午後3時
会場:佐藤美術館 5階休憩室
日本画の画材を使って描く簡単な体験講座を実施いたします。
参加費無料、当日先着順。材料はこちらでご用意いたします。
手ぶらでお越しください。完成作品はお持ち帰りできます。
*所要時間は30分程度です。予約の必要はありません。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

会期 

前期:平成19年1月17日[水]─2月4日[日]

 

後期:平成19年2月7日[水]─2月25日[日]


金丸 悠児  「時を運ぶ者」 2005年
永井 夏夕  「続きの夢をみる」 2006年

2006年1月27日から5月9日に長野おぶせミュージアムにおいて「作家の卵展」と銘打った展覧会が開催されました。
この展覧会は、東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室、所謂中島千波研究室の出身作家たちによる研究発表のためのグループ展として注目を集めました。
この度、佐藤美術館ではこの「作家の卵展」をおぶせミュージアムからの巡回展として開催いたします。
中島千波は、自らの表現活動の傍ら長年、後進の指導、育成に努めてきた画家でもあります。
その軌跡は、おぶせミュージアム開館当初から開催されていた研究発表展や東京の百貨店や画廊での教え子たちによるグループ展など多くを数えることが出来、またすでに画家として活躍している方もおります。
当館も美術を志す若い画家たちに奨学援助をする財団ですし、現に出品作家の中には当財団の奨学生も多く含まれております。当館は、この中島千波の趣旨に賛同し本展を開催するものです。
是非この機会に次代を担う作家たちの力作をぜひご高覧下さい。

  ▼概 要

展覧会名:

『ShinPA』 2006おぶせミュージアム「作家の卵展」巡回
〜中島千波と東京藝術大学デザイン科描画系作品展〜

主  催:

財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館

協  力:

おぶせミュージアム・中島千波館 有限会社空

会  期:

前期:平成19年1月17日[水]ー2月4日[日]
後期:平成19年2月7日[水]ー2月25日[日]

会  場:

佐藤美術館 3・4階展示室

休 館 日:

月曜日

開館時間:

午前10:00〜午後5:00(金曜のみ午後7:00まで)

入 場 料:

一般500円 学生300円

出品作家:

●前期

阿部 穣

泉 東臣

井上 越道

 

岡部 忍

川本 淑子

小林 英且

芹田 紀恵

高岡 香苗

高橋 浩規

田宮 話子

濱岡 朝子

 

日根野 裕美

松永 龍太郎

森田 洋美

中島 千波

●後期

井上 恵子

浦和 志津香

岡本 雄司

金丸 悠児

金木 正子

三枝 淳

瀧下 和之

冨田 典姫

永井 夏夕

名古屋 剛志

野地 美樹子

山本 陽光

渡邊 史

中島 千波

   

展示内容:

東京藝術大学デザイン科描画・装飾研究室出身若しくは在学中の作家27名、約30点の作品と中島千波の賛助出品(出品作家一覧別紙)
*おぶせミュージアムでの出品作家及び出品作品と若干の変更があります。

   

付帯事業:

出品者によるトークショー
1月17日:15:00〜17:00(前期出品者)
2月7日:15:00〜17:00(後期出品者)

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



小木曽 誠展・荒井 経展
会期 平成18年11月28日(火)〜12月21日(木)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

「道」 2002年
パネルに綿布、白亜地,油絵具、テンペラ絵具 F130号
「景色 06-103」 2006年
顔料・膠・紙・パネル 180.0×89.0cm
撮影:末正真礼生

 佐藤美術館(佐藤国際文化育英財団)の奨学育英事業も早いもので16年が経過しました。その間、サポートした奨学生は250名を超え、現在美術の様々な分野で活躍しています。
 本展は、今までの奨学生の中から当館学芸員が注目し今後の活躍を期待する作家4名を紹介するもので、今年で二年目の企画となります。前期の藤原由葵・奥村美佳(7/4-7/30)に続き、後期は小木曽誠・荒井経(11/28-12/21)を個展形式で紹介致します。

▼概 要

展覧会名:

【3F展示室】小木曽 誠(Ogiso Makoto)展
【4F展示室】荒井  経(Arai Kei)展

会  期:

平成18年11月28日(火)〜12月21日(木)

開館時間:

午前 10時〜午後5時(金曜のみ〜7時まで)

休 館 日:

月曜日

入 場 料:

無料

会  場:

3・4階展示室

展示内容:

【3F展示室】小木曽 誠(Ogiso Makoto)展
 当財団の第12期奨学生です。小木曽は「人と自然」をテーマに作品を描いています。彼は「人間の持つ美しさや弱さ、儚さや、力強さと、自然の持つ大きさや神秘等を描きたい」と言います。小木曽は豊かな自然に恵まれた奈良県で生まれ育ちました。身近なところに日々移り変わる、美しく時には厳しい自然があったことは、彼の作品に大きな影響をあたえています。
 また、彼にとって大学時代に経験した祖父の死は「何を描くのか」という迷いに答えを出してくれた大きな転機でした。今回は近作に加え、この祖父の死がテーマとなっている作品も展示いたします。彼の作品の魅力は、油絵の魅力でもある「光」といえます。ぜひその「光」を堪能してください。

【4F展示室】荒井 経(Arai Kei)展
 当財団の第10期奨学生です。文化財保存学科で、様々な画材について根本から勉強した荒井は「伝統」という言葉の危うさに敏感です。いつの間にか作られた「伝統」、実は歴史の上ではごく最近だったりすることも多いものです。その中でどう自分の作品を作っていくのか、荒井にとっての大きなテーマです。
 彼は日本人になじみの深いモチーフに現代的な味付けを加え、まさに「現代の美術」といえる作品をうみだしています。例えば「扇面散らし」の構図の作品、しかしよく見てみると扇面に描かれているのは電球だったり、かぶと虫だったりするのです。近年は画面からできるだけ余分なものをそぎ落とし、日本画の絵具が持つ色の美しさを最大限に生かそうとしています。シンプルだからこそ感じられる微妙な色の美しさ、ぜひゆっくりご覧下さい。

   

▼会期中のイベント

12月2日(土)
12月17日(日)
  アーティストトーク(荒井 経)   午後2時〜3時
12月9日(土)
  アーティストトーク(小木曽 誠)   午後2時〜3時
12月10日(日)
  金箔を使ってクリスマスカードを 作ろう   午前11時〜午後4時
*クリスマスカード作りのみ材料費300円が必要 他は全て無料、予約の必要はありません

全て入退場自由ですのでお気軽にご参加ください

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



第15回奨学生美術展
平成18年10月4日(水)〜11月19日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

幣財団では全国の美術大学より推薦を受けた優秀な学生に奨学金を支給しております。本展は彼等 の研究発表の展覧会となります。出品者は第15期奨学生17名と招待作家2名(6期・9期)です。
また、前回買上作品も併せて展示いたします。  

 
高島圭史「そらのかよひぢ」(第14回展買上作品)

▼出 品

女子美術大学
西田 知世(日本画)

多摩美術大学
高村 理映(日本画)
峰岡 正裕(日本画)
朴 寶正(油画)

筑波大学
遠藤 悦史(油画)

東京藝術大学
龍口 経太(日本画)
松井 冬子(日本画)
中本 智絵(文化財保存)
松永 龍太郎(デザイン)

武蔵野美術大学
萩原 裕子(油画)
田中 恵美(版画)

愛知県立芸術大学
藤城 正晴(日本画)
下村 雄三(油画)

 

京都市立芸術大学
石橋 志郎(日本画)

京都造形芸術大学
岡田 啓伸(油画)

東京造形大学
吉井 彩子(版画)

和光大学
李 京煥(版画)

招待作家
集治 千晶(6期・版画)
神戸 智行(9期・日本画)

特別展示
高島 圭史(14回展買上)
石崎 昭亜(14回展買上)

▼概 要

展覧会名:

第15回奨学生美術展

主  催:

財団法人佐藤国際文化育英財団

会  期:

平成18年10月4日(水)〜11月19日(日)

開館時間:

午前10:00〜午後5:00 金曜日〜午後7:00

休館日:

月曜日 *10/9(月・祝)は開館10/10(火)は休館

入場料:

無料

展示内容:

日本画、油彩画、版画

主  催:

財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

後  援:

中華人民共和国大使館/韓国大使館 韓国文化院

施設概要:

2階 ミュージアムショップ 情報コーナー
3階 展示室
4階 展示室

   

関連イベント:

「和紙と出会う」
日本画や水墨画などの書画用に漉かれている和紙にはさまざまな種類があります。
原材料の違いだけでなく、その製造方法や実際に和紙を漉く職人の技によっても表情は豊かに広がります。
それぞれ特徴をもつ和紙には、その特性を活かした絵画制作が期待されます。
今回のイベントでは、手漉き和紙・約40種を実際に手にとってご覧いただけます。
また、実際に何種かの和紙に岩絵具を着彩し、その色のりやにじみなどの変化をご覧いただけます。
そのほか、和紙に関する質疑応答も予定しています。
主催:数寄和 http://www.sukiwa.net
協力:神戸智行(日本画家・第15回奨学生美術展招待作家)
日時:10月22日(日)午後2時〜4時 
会場:佐藤美術館5階。
*入退場自由

 

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



煌輝会(こうきかい)日本画展
会期 平成18年9月12日(火)〜22日(金)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
 

 

佐藤美術館ではこの度、東京藝術大学で学び、院展に出品、受賞を重ね活躍している作家によるグループ展(煌輝会)を開催いたします。
出品者は全員昭和25年生まれ以降で、日本美術院奨励賞の受賞を重ねた若手作家とし、各々本画と素描の展示を致します。
また、彼ら若手を指導する立場である同人による賛助出品もございます。
是非この機会に将来の院展を担うであろう作家たちの秀作をご高覧下さい。

 

▼概 要

展覧会名:

煌輝会(こうきかい)日本画展

主  催:

渡辺絵絹

会  期:

平成18年9月12日(火)〜22日(金)

会  場:

佐藤美術館 3・4階展示室

休 館 日:

月曜日

開館時間:

午前10:00〜午後5:00(金曜のみ午後7:00まで)

入 場 料:

無 料

出品作家:

井手康人

岩永てるみ

小田野尚之

 

岸野香

北田克己

國司華子

中村譲

 

中本智絵

前田力

前田斉子

宮北千織

 

村岡貴美男

山田伸

 

藁谷剛巳

 

藁谷実

   

賛助出品作家:

手塚雄二

梅原幸雄

宮廻正明

 

吉村誠司

村上裕二

清水由朗

   

出品内容:

約10号の本画と素描各1点

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



禺禺vol.2  金沢美術工芸大学日本画卒8人展
会期 平成18年8月8日(火)〜20日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

金沢美術工芸大学で学んだ作家8人のグループ展です。私達は今、それぞれの土地で、それぞれの考え方を持ち、それぞれの制作を進めています。当然、そこには統一的なコンセプトは存在しません。世界は、美術は、そして日本画は一つであるにも関わらず。私達がそこにそれぞれが異なった在りようを見出していることに気づくでしょう。そして、8人それぞれに、それぞれの世界が、美術が、日本画があるように、あなたにとってのそれが、ここで見つかることを、私達は望んでいます。 (禺禺vol.2出品者一同)

 

▼概 要

展覧会名:

禺禺vol.2 金沢美術工芸大学日本画卒8人展

会  期:

平成18年8月8日(火)〜20日(日)

会  場:

佐藤美術館 3・4階展示室及び5F休憩室

休 館 日:

月曜日

開館時間:

午前10:00〜午後5:00(金曜のみ午後7:00まで)

入 場 料:

無 料

出品作家:

石崎誠和

廣瀬陽子

中山敦詞

南川朋宣

岩田壮平

松永敏秀

たなかなみこ

鈴木良平

 

■展覧会連動イベント:感想カレンダー

会期中、展覧会の感想を展覧会会場および下記ブログ内で募集します。
会場では、いただいた感想を展示し一般公開いたします。この機会に展覧会の感想を言葉にしてみませんか?
感想をいただいた方、先着400名様に「禺禺vol.2展覧会パンフレット」をプレゼントいたします。
*プレゼントの発送時期は本展終了後となります。本展終了後のお問い合わせは下記ブログまでお願いします。

■オープニングイベント

展覧会初日の8月8日(火)午後2時より出品者によるオープニングイベントがあります。
出品者に出会えるこの機会に、あなたも感想カレンダーに参加してみませんか?
*詳細は下記ブログをご参照ください。

 
■禺禺ブログ *展覧会出品者の運営するブログです。
http://gu-gu.seesaa.net
 

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



藤原由葵展/奥村美佳展
会期 平成18年 7月4日(火)〜7月30日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

藤原由葵『TABLE COLOSSEUM』
油彩 2003〜4年 F130号
 
奥村美佳『風渡る』
日本画 2005年 F100号

佐藤美術館(佐藤国際文化育英財団)の奨学育英事業も早いもので16年が経過しました。その間、サポートした奨学生は250名を超え現在美術の様々な分野で活躍しています。
本展は、今までの奨学生の中から当館学芸員が注目し今後の活躍を期待する作家4名を紹介するもので、今年で二年目の企画となります。
まず、前期は、藤原由葵と奥村美佳(7/4-7/30)。そして後期は、小木曽誠と荒井経(11/28-12/21)を個展形式で紹介致します。

 
▼概 要

展覧会名:

【3F展示室】藤原由葵展
【4F展示室】奥村美佳展

会  期:

平成18年 7月4日(火)〜7月30日(日)

開館時間:

午前 10時〜午後5時(金曜のみ〜7時まで)

休 館 日:

月曜日 *7月17日(月・祝日)は開館 翌18日(火)が休館

入 場 料:

無料

会  場:

3・4階展示室及び2階ミュージアムショップスペース(予定)

展示内容:

【3F展示室】『藤原由葵展』
当財団第13期奨学生で、今年東京藝術大学大学院博士課程を修了し博士美術学位を修得。発表活 動としては、富嶽ビエンナーレ大賞(03年)、準大賞(05年)のほかコンクール展、グループ展など。
人の日常に潜む非日常的なイメージ(狂気、不安・・・)を圧倒的描写力により表現した作品は見 るものの心を穏やかな現実から引きずり下ろし、精神を揺さぶり様々な問題意識や危機感を突きつ ける力を持っています。
本展は富嶽ビエンナーレ受賞作品などの過去の主要作から最新作までを一挙に公開します。

*藤原由葵アーティストトーク「なんでこんな絵を描くの」
 7月7日(金)5:00〜6:00PM 7月23日(日)3:00〜4:00PM

【4F展示室】『奥村美佳展』
当財団第8期奨学生で、京都造形芸術大学院博士課程を修了し博士美術学位を修得。
実家が奈良の呉服屋で、幼い頃から伝統的な色彩や意匠に自然に触れていたこと、そして他の土地で暮らすことなく奈良と京都とを行き来する環境のなかで自然に身に付いた美意識を抜きにしてこの画家を語ることは出来ない。しかし、その後のロマネスク美術との出会いや日本画のことだけに止まらない柔軟で広い視野が新たなこの画家のアイデンティティーを形成し更なる飛翔をしている。
本展は、繊細で確かな風景描写に支えられた最近作を大作も含めて展示します。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る



佐藤美術館 収蔵品展
〜新収蔵品を中心に〜
会期 平成18年5月16日(火)〜6月16日(金)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

志田展哉「GROUND ZERO 02」

▼概 要

展覧会名:

佐藤美術館 収蔵品展 〜新収蔵品を中心に〜

会  期:

平成18年5月16日(火)〜6月16日(金)

開館時間:

午前10時〜午後5時 金曜のみ午後7時まで(入場は閉館15分前まで)

休 館 日:

月曜日

入 場 料:

一般500円 学生300円 中学生以下無料

展示内容:

佐藤美術館は自然をテーマとした作品をメインに収蔵しています。
様々な作家が自分なりにとらえた自然をお楽しみください。
また、付帯イベントも予定しております。

   

■付帯イベント (展覧会の入場料が必要です)

5月28日(日)

「日本画画材で塗り絵体験」
(はがきサイズの下絵に色を塗ります)

6月4日(日)

「植物を使ってレリーフを作ってみよう」

いずれも午前11時〜午後3時 一枚300円(材料費代)
*特に予約の必要はありません 
 材料はこちらで用意しておりますので、お気軽にご参加ください。
 所要時間は1時間〜1時間30分程度ですが、もっと短時間での参加もできます。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


 
real point ―平面の深化と越境―
会期 平成18年4月4日(火)〜4月21日(金)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 

 昨年に引き続きreal pointを開催します。昨年は、平面の可能性を追求する作家5名による新たな表現の試みをテーマとしました。今回は、「平面という領域を捉え直す」ということがテーマです。平面表現の更なる深化を目指すのか若しくは、平面を越境し新しい領域に踏み込んでゆくのか。新たなメンバーも加わり9名の作家の挑戦をご高覧下さい。

 

▼概 要

展覧会名:

『real point ―平面の深化と越境―』

会  期:

平成18年4月4日(火)〜4月21日(金)

会  場:

佐藤美術館 3・4階展示室

休 館 日:

月曜日 入場無料

開館時間:

午前10:00〜午後5:00(金曜のみ午後7:00まで)

入 場 料:

無 料

出品作家:

石塚 桜子

藤井 拓馬

下嶋 知子

小林 亜希子

直海 香

吉田 宜代

石井 瑞穂

市川 裕司

長崎 剛志

   

■イベント

・アーティストトーク

 

日時:4月15日(土)14:00〜17:00
会場:佐藤美術館 展示室
人数:60名程度 先着順

このページの先頭へ
HOMEへ戻る