今年度の展覧会情報


多摩美術大学大学院日本画研究領域二年次生展

2017年8月22日(火)〜9月3日(日)

多摩美術大学大学院日本画研究領域二年次生展-フライヤー表面 「One story」-多摩美術大学大学院日本画研究領域二年次生展-フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 私たちはこれまで自らが本当に求める美しさとは何か?ということを自問自答しながら制作に取り組んできました。その中で育まれてきた美意識、そして望んだ作品を作るために繰り返した実験の中で見つけ出してきた手法はまさに多種多様です。
 本学年は学部から院に入学した8名と、中国とポーランドからの留学生4人を加えた12人によって構成されています。学年の三分の一が留学生という特殊な状況で「日本画」という極めて曖昧になった(しかし確実に未だ存在する)枠組みとともに制作することは、自分の背景にある文化とどのように対峙すべきなのかということを考える上で非常に有意義な環境であると言えるでしょう。私たちが大学院に入学し1年と約半年、学生として、また一作家として制作してきた作品達をここに展示いたします。

展覧会名:

「多摩美術大学大学院日本画研究領域二年次生展」

期:

2017年8月22日(火)〜9月3日(日)

休館日:

8月28日(月)

開館時間:

10:00〜17:00(金曜 〜19:00)

入場料:

無料

出品者:

趙 澤倫/張 明檄/野口 雅美/濱田 祐/坡山 海香/堀口 慎吾/松本 啓希/ 宮崎 光男/山本 尭之/湯原 理紗/劉 玉書/Roznowicz Anika

イベント:ワークショップ「コラージュで作品を作ろう」
8月26日(土)14:00〜16:30

身の回りにある広告や雑誌の切れ端と日本画の岩絵の具や箔などの素材を組み合わせて コラージュ作品を作ってもらいます。出来た作品はラミネート加工してお持ち帰り頂きます。色々な素材をご用意してお待ちしております。予約不要、無料 小学生低学年以下の参加は保護者のを同伴を御願い致します。希望者が多い場合は先着順とさせて頂きます。

イベント:公開講評会
8月27日(日)14:00〜16:30 予約不要 ※途中退室、途中参加可能

出品作家の前で、教授と作家のトーキングを巡回していきます。
多摩美術大学教員
《日本画科教員》米谷清和/岡村桂三郎/武田州左/加藤良造/千々岩修/北條正庸/宮いつき
《芸術学科教員》本江邦夫
《佐藤美術館》立島惠

レセプションパーティー
8月27日(日)17:00~18:00

催:

多摩美術大学 日本画研究室
TEL.042-679-5619 FAX.042-670-5642
〒192-0394東京都八王子市鑓水二丁目1723番地
http://www.tamabi.ac.jp/nihonga/

お問い合わせ:堀口慎吾・山本尭之(代表・副代表/ 大学院二年在籍)

Email:taunihongasatobi2017@gmail.com

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


佐藤美術館ワークショップ <大人クラス>
「金の効果を生かして絹に紅葉を描こう!」

日時 2017年7月22日(土)、23日(日)
開催終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 毎年ご好評いただいている佐藤美術館ワークショップイベント。今年のテーマも絹。絹は古くから日本画の代表的な画材として用いられ、その艶やかな美しさや、透ける風合いは独特です。ただ扱いが難しく、実践する機会は少ないかもしれません。絹地の表面からの彩色はもちろんですが、裏面からの彩色も行いながら作品を完成させていく手順は、和紙とはまた、異なる楽しさがあります。紅葉の下図は、下村観山「小倉山」を参考に作製しています。赤く染まった葉に表現してみたり、青く爽やかな時期のイメージで描くなど、様々に考えてみましょう。描き終えた作品の裏面から、裏箔(金箔)に近い効果が得られる箔ボードを当てて完成させます。
 制作の準備方法や裏箔の技法実演等も行い、初心者の方も分かりやすい内容となっています。
 尚、ワークショップ期間中に講師とアシスタントの、日本画作品及び装飾かな料紙の展示も行います。是非ご高覧ください。

ワークショップ<大人クラス>開催光景
大人クラス開催風景
講師作品鑑賞
講師作品鑑賞

<講師>

藤井 聡子(ふじい さとこ)先生http://satofuji.blush.jp/

1997年

女子美術大学 日本画専攻卒業

1999年

佐藤国際文化育英財団 第9期奨学生

2002年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画 後期博士課程修了 博士学位(文化財)取得

2015年

個展 藤井聡子日本画展 -交差の軌跡- (佐藤美術館)

現在、日本美術院院友、女子美術大学・慶應義塾大学・京都造形芸術大学通信教育学部 非常勤講師

<ティーチング・アシスタント>

中上 佳子(なかがみ よしこ)先生http://nakagami.main.jp/

2004年

女子美奨励賞

2006年

女子美術大学 日本画専攻卒業

2010年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画修了

現在、日本美術院研究会員

ワークショップ作例-1 ワークショップ作例-2

完成イメージ
(サイズは異なります)

<日程 他>*内容はどちらも同じです

@平成29年7月22日(土)午前11時〜午後5時
A平成29年7月23日(日)午前11時〜午後5時
定員:20名
対象:中学生以上
会場:佐藤美術館
参加費:3,000円(材料費込・税込)
※材料・道具類はこちらで用意します。
※昼食は各自ご用意ください。
※完成作品は22.5×22.5p(木枠外寸サイズ)です。

<申し込み方法>

E-mailか往復はがき又はFAXにて次の@〜Dを明記の上、下記までご応募下さい。
@希望日程 Aお名前(ふりがな) Bご住所 C電話番号・FAX 番号 D年齢
※メール・FAX はこちらからのご連絡を受信できるものに限ります。
*ご友人同士で参加希望の方はその旨をお書きください。

応募締切り 平成29年7月10日(月)必着。

<お問い合わせ・お申し込み先>

佐藤美術館ワークショップ係
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
電話 03-3358-6021 FAX 03-3358-6023

HP http://sato-museum.la.coocan.jp/
E-mail sato-museum@nifty.com
*E-mailの際は題名に「ワークショップの件」とお書きください。
*応募者多数の場合は抽選となります。締め切り後、応募結果はご応募いただいた方全員にお知らせいたします。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


佐藤美術館ワークショップ <親子クラス>
日本画材と金で「雷様」を描こう! 〜屏風も作るよ〜

日時 2017年7月29日(土)、30日(日)
開催終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

 虎のパンツに太鼓を持っているのは? そう「雷様」です。雷様が描かれているのは俵屋宗達(たわらやそうたつ)の風神雷神図(ふうじんらいじんず)。風神雷神図は、江戸時代から長い間大切に守られ、国の宝である「国宝(こくほう)」に指定されています。飛び跳ねているように見える風神と太鼓(たいこ)をならす雷神、どこかユーモラスがあって見ているだけでも楽しいですね。
 この雷様を、金(金箔(きんぱく))の画面の屏風に描いてみましょう。使用する絵具は、昔から使われている日本画の絵具!鉱物(石)を磨(す)って、自分が使う絵具を作るところから始めます。屏風は実はすごい発明。今回はこの折りたためる秘密を大公開。実際に作ります。夏休みの宿題にぴったり!
 さらに講師2人の作品展示もあります。初めての日本画に触れる夏休みにしませんか。

親子クラス開催風景
親子クラス開催風景

<講師>

藤井 聡子(ふじい さとこ)先生http://satofuji.blush.jp/

1997年

女子美術大学 日本画専攻卒業

1999年

佐藤国際文化育英財団 第9期奨学生

2002年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画 後期博士課程修了 博士学位(文化財)取得

2015年

個展 藤井聡子日本画展 -交差の軌跡- (佐藤美術館)

現在、日本美術院院友、女子美術大学・慶應義塾大学・京都造形芸術大学通信教育学部 非常勤講師

<ティーチング・アシスタント>

中上 佳子(なかがみ よしこ)先生http://nakagami.main.jp/

2004年

女子美奨励賞

2006年

女子美術大学 日本画専攻卒業

2010年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画修了

現在、日本美術院研究会員

ワークショップ光景

鉱物(石)を磨って絵具をつくります
教材提供 女子美術大学日本画研究室

完成作品例

完成作品例

<日程 他>*内容はどちらも同じです

@平成29年7月29日(土)午後1時〜午後5時
A平成29年7月30日(日)午後1時〜午後5時

定員:各回10組

会場:佐藤美術館

対象:小学生1年生以上と保護者の方 ※必ず保護者の方(18歳以上)と2人1組でご応募ください。

参加費:1組500 円(材料費・税込)

※講座に必要な材料・道具類はこちらで用意します。
※完成作品の大きさ 折りたたむと30×22.5cm の予定です。

<申し込み方法>

e-mailにて次の@〜Dを明記の上、下記までご応募下さい。
@希望日程 Aお名前(ふりがな) Bご住所 C電話番号・FAX 番号 D年齢
※メールはこちらからのご連絡を受信できるもの。
*ご友人同士で参加希望の方はその旨をお書きください。

応募締切り 平成29年7月24日(月)必着。

<お問い合わせ・お申し込み先>

佐藤美術館ワークショップ係
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
電話 03-3358-6021 FAX 03-3358-6023
HP http://sato-museum.la.coocan.jp/

E-mail sato-museum@nifty.com
*E-mailの際は題名に「ワークショップの件」とお書きください。
*応募者多数の場合は抽選となります。締め切り後、応募結果はご応募いただいた方全員にお知らせいたします。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


ShinPA2017「時のはなし」

2017年7月4日(火)〜7月17日(月・祝)

ShinPA2017「時のはなし」フライヤー表面   ShinPA2017「時のはなし」フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 「ShinPA」は、東京藝術大学デザイン科卒業生と大学院生による大作の平面を中心とした展覧会です。「新しい波」を築いていこうという意図のもと発足し、一年に一度展覧会を開催してまいりました。日本画・洋画という枠組みを超えた、デザイン科出身ならではという様々な表現が混在し、作家の成長を楽しむことが出来る内容となっております。2015年には前進「作家の卵展」から数えること10回目の開催を終えることが出来ました。
 昨年より更なる飛躍のために新たなかたちでの展示を志して、再出発いたしました。その第2回目を迎えます。毎回テーマを設け、それに沿った作品の競演を通してこれまで以上に個々の印象を強く残せるような展覧会を目指します。
 今回のテーマは「時のはなし」です。出品者それぞれの作品に併せて「時のはなし」に関連したコメントも展示していきますので、より作品の世界観に触れることができます。

展覧会名:

ShinPA2017「時のはなし」

期:

2017年7月4日(火)〜7月17日(月・祝)

開館時間:

10:00〜17:00(金曜日のみ 〜19:00)*入館は閉館15分前まで

休館日:

7月10日(月曜日)

催:

ShinPA(東京展)

力:

おぶせミュージアム・中島千波館 有限会社 空

入場料:

無料

◇出品作家によるギャラリートーク:7月8日(土)13:00〜14:30
ゲスト:中島千波(東京藝術大学名誉教授)・小森佳代子(生活の友社「美術の窓」「アートコレクターズ」編集部長)

◇出品作家によるワークショップ「作家と一緒に短冊を描こう!」:
7月8日(土)15:00〜17:00・7月16日(日)13:00〜16:00
参加費用:一枚につき500円(予約不要)
*材料は用意してありますのでお気軽にご参加下さい。材料が無くなり次第終了します。参加希望者多数の場合はお待ち頂くことがあります。

◇チャリティー短冊絵展(同時開催):
1点20,000円(額代込)の短冊絵を先着順で販売いたします。収益金の一部は熊本地震で被害を受けた熊本城の復興支援に寄付します。
※初日は状況により整理券を配布いたします。

▼出品作家

泉 東臣井上 越道押元 一敏金丸 悠児金木 正子小林 英且三枝 淳芹田 紀恵平良 志季高岡 香苗煖エ 浩規田 冬樹堤 岳彦布山 恵子前川 ひな山本 陽光 (以上16名 50音順)

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


画心展 -New Order-

2017年6月16日(金)〜6月28日(水)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

画心展 -New Order-フライヤー表面 画心展 -New Order-フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 この度、公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館におきまして、京都造形芸術大学・大学院日本画領域の学生による展覧会「画心展 -New Order-」を開催いたします。
 画心展は2004年に石本正先生により命名され発足された展覧会です。京都造形芸術大学の日本画研究室が主催となり、今回で14回目となりました。今年は新体制、新秩序の意味である「New order」というサブタイトルを掲げました。京都というバックグラウンドを持ち、継承される伝統や新たな発想、表現の試みをご覧いただければと思います。

■画心展によせて

 京都造形芸術大学日本画専攻の優れた作品の発信を目的とし毎年開催されている画心展は14年目を迎えました。
 ここでその沿革を簡単に紹介しておきたいと思います。
 2004年に日本画家であり同学教授であった石本正の命名により発足。第1回、第2回展はワコール銀座アートスペースにて開催。第3回展はワコール銀座アートスペースに加え京都のギャラリー惠風。第4回、第5回展は銀座洋協ホール、京都府立文化博物館。第6回、第7回展はアートスペース羅針盤、むろまちアートコート京都。第7回展以降は佐藤美術館にて開催。
 幸いなことに私は東京での展示は第1回展よりすべて見せて頂いていますが、初期の出品者の多くが現在めざましい活躍をし、また近年の出品者に関しても着実に育っているように感じます。
 ここ数年の傾向としては通信生の出品が徐々に多くなり今年は通学部を上回りました。
 これは、現在の日本社会が抱える少子高齢化に伴う通学生の減少、加えて通信生の増加傾向に対応した措置と同時に彼らに対する手厚い指導のあらわれでもあるでしょう。
 画心展という、世代や個々の背景など様々な物事を乗り越えた京都日本画の発信をこれからも期待したいと思います。

佐藤美術館 学芸部長 立島 惠

展覧会名:

画心展 -「画心展 -New Order-」

期:

2017年6月16日(金)〜6月28日(水)

休館日:

月曜日

開館時間:

10:00〜17:00(金曜日 19:00まで)

催:

京都造形芸術大学日本画研究室

力:

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

観覧料:

無料

▼イベント:公開講評

2016年6月17日(土)14:00-16:30 佐藤美術館3階・4階・5階展示室

藤美術館学芸部長 立島惠と京都造形芸術大学日本画コース教員、ゲスト講師が出品作品の講評を行います。

参加教員:木芳昭・奥村美佳・佐々木るり子・菅原健彦・岩泉慧

ゲスト講師:小森佳代子(「美術の窓」編集部部長)
※都合により変更になる可能性があります。

詳細は、京都造形芸術大学 日本画研究室にお問い合わせ下さい。
ウェブサイト:http://www.facebook.com/gashinten

■本展覧会に関するお問い合わせ
京都造形芸術大学 日本画研究室
京都府京都市左京区北白川瓜生山2-116
TEL 075-791-9122(代)

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


人物表現展U
〜佐藤美術館収蔵・寄託作品による〜

2017年5月2日(火)〜 6月11日(日)

割引用画像印刷ページへ
(PDFファイル:1.7MB)
人物表現展U フライヤー表面 人物表現展U フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 当館の収蔵・寄託作品より人物を主要テーマとする日本画、油画を特集展示いたします。
 いつの時代も画家たちはなぜ人物を描くのでしょうか? 現代絵画において画家が人物を描く動機や目的、そしてその表現方法もさまざまです。画家が試行錯誤しながら、描きあげた人物表現をお楽しみください。

展覧会名:

人物表現展U〜佐藤美術館収蔵・寄託作品による〜

期:

2017年5月2日(火)〜6月11日(日)

開館時間:

午前10時〜午後5時(金曜〜午後7時。但し5/5(金・祝)は午後5時まで。)

休館日:

月曜日

場:

佐藤美術館

入場料:

一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料

催:

公益財団法人佐藤国際文化育英財団

展示作家:

安彦文平、石居麻耶、薄久保香、大野俊明、小木曽誠、柿沼直文、北川麻衣子、呉亜沙、鴻崎正武、清水豊、諏訪敦、西野正望、野村陽子、橋本卓也、長谷川雅也、畠中光享、福井江太郎、三谷十糸子、森田曠平

【会期中のイベント】

日本画家 西野正望氏によるバリ島レクチャー
日時:2017年5月21日(日) 午後2時より
参加方法:予約不要・無料。*ただし当日の入場券が必要です。

本展展示作品「環」の作者である日本画家・西野正望氏は東京藝術大学の学生だった1990年代よりバリ島の芸能、自然、文化に魅せられて長年取材を続けてこられました。西野氏が長期取材を通して発見したバリ島の魅力、また日本文化との意外な共通点などをバリの美しい映像とともにレクチャーしていただきます。

<講師よりコメント>
レクチャー時に未公開のドローイングなども初公開、それらをお見せしてバリ島の祝祭空間、ガムラン音楽とバリ舞踏の身体表現、最近の倣琳派シリーズとの融合の試みなどにもお話しを広げてみたいと思っております。抽選で30名様にバリシリーズのポストカードをプレゼントします。何種類かあるのでどれに当たるかはお楽しみに。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


台日絵画合同展
―清華大学&上越教育大学―

2017年4月1日(土)〜15日(土)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-フライヤー表面 台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 台湾国立清華大学(旧台湾国立新竹教育大学)と上越教育大学はこれまでに協定校として平成24年から隔年で国際交流展を上越と新竹で行ってきました。今回の展覧会は、これまでの交流をきっかけに、絵画制作をしているそれぞれの大学の在学生、卒業・修了生を中心に56名を集結した展覧会です。
 油彩画、膠彩画、日本画、版画など台湾と日本の作家がそれぞれの視点からみた幅広い表現をご覧いただければと思います。

展覧会名:

台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-

期:

2017年4月1日(土)〜4月15日(土)

休館日:

月曜日

入場料:

無料

開催時間:

10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)

催:

台湾国立清華大学絵画研究
国立大学法人上越教育大学絵画研究

▼イベント

ギャラリートーク

時:

2017年4月1日(土)10:30〜12:00

研究発表会
出品作家がこれまでの活動の発表を実演やパネルにてご紹介します。
京都醍醐寺の鑑賞授業の実践の紹介、それに伴って截金などの実演
上越市小林古径記念美術館での実践、台湾の学生の活動の様子をパネルで紹介

時:

2017年4月1日(土)14:30〜16:00

*入場無料・予約不要

本展に関するお問合せ先

上越教育大学 日本画研究室
〒943-8512新潟県上越市山屋敷町1番地
Eメール:art20170401hsinchu.juen@gmail.com

このページの先頭へ
HOMEへ戻る