来年度の展覧会情報


人物表現展U
〜佐藤美術館収蔵・寄託作品による〜

2017年5月2日(火)〜 6月11日(日)

割引用画像印刷ページへ
(PDFファイル:1.7MB)
人物表現展U フライヤー表面 人物表現展U フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 当館の収蔵・寄託作品より人物を主要テーマとする日本画、油画を特集展示いたします。
 いつの時代も画家たちはなぜ人物を描くのでしょうか? 現代絵画において画家が人物を描く動機や目的、そしてその表現方法もさまざまです。画家が試行錯誤しながら、描きあげた人物表現をお楽しみください。

展覧会名:

人物表現展U〜佐藤美術館収蔵・寄託作品による〜

期:

2017年5月2日(火)〜6月11日(日)

開館時間:

午前10時〜午後5時(金曜〜午後7時。但し5/5(金・祝)は午後5時まで。)

休館日:

月曜日

場:

佐藤美術館

入場料:

一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料

催:

公益財団法人佐藤国際文化育英財団

展示作家:

安彦文平、石居麻耶、薄久保香、大野俊明、小木曽誠、柿沼直文、北川麻衣子、呉亜沙、鴻崎正武、清水豊、諏訪敦、西野正望、野村陽子、橋本卓也、長谷川雅也、畠中光享、福井江太郎、三谷十糸子、森田曠平

【会期中のイベント】

日本画家 西野正望氏によるバリ島レクチャー
日時:2017年5月21日(日) 午後2時より
参加方法:予約不要・無料。*ただし当日の入場券が必要です。

本展展示作品「環」の作者である日本画家・西野正望氏は東京藝術大学の学生だった1990年代よりバリ島の芸能、自然、文化に魅せられて長年取材を続けてこられました。西野氏が長期取材を通して発見したバリ島の魅力、また日本文化との意外な共通点などをバリの美しい映像とともにレクチャーしていただきます。

<講師よりコメント>
レクチャー時に未公開のドローイングなども初公開、それらをお見せしてバリ島の祝祭空間、ガムラン音楽とバリ舞踏の身体表現、最近の倣琳派シリーズとの融合の試みなどにもお話しを広げてみたいと思っております。抽選で30名様にバリシリーズのポストカードをプレゼントします。何種類かあるのでどれに当たるかはお楽しみに。

このページの先頭へ
HOMEへ戻る


台日絵画合同展
―清華大学&上越教育大学―

2017年4月1日(土)〜15日(土)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。

台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-フライヤー表面 台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-フライヤー裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 台湾国立清華大学(旧台湾国立新竹教育大学)と上越教育大学はこれまでに協定校として平成24年から隔年で国際交流展を上越と新竹で行ってきました。今回の展覧会は、これまでの交流をきっかけに、絵画制作をしているそれぞれの大学の在学生、卒業・修了生を中心に56名を集結した展覧会です。
 油彩画、膠彩画、日本画、版画など台湾と日本の作家がそれぞれの視点からみた幅広い表現をご覧いただければと思います。

展覧会名:

台日絵画合同展-清華大学&上越教育大学-

期:

2017年4月1日(土)〜4月15日(土)

休館日:

月曜日

入場料:

無料

開催時間:

10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)

催:

台湾国立清華大学絵画研究
国立大学法人上越教育大学絵画研究

▼イベント

ギャラリートーク

時:

2017年4月1日(土)10:30〜12:00

研究発表会
出品作家がこれまでの活動の発表を実演やパネルにてご紹介します。
京都醍醐寺の鑑賞授業の実践の紹介、それに伴って截金などの実演
上越市小林古径記念美術館での実践、台湾の学生の活動の様子をパネルで紹介

時:

2017年4月1日(土)14:30〜16:00

*入場無料・予約不要

本展に関するお問合せ先

上越教育大学 日本画研究室
〒943-8512新潟県上越市山屋敷町1番地
Eメール:art20170401hsinchu.juen@gmail.com

このページの先頭へ
HOMEへ戻る