佐藤美術館ワークショップ
「かな料紙 和紙と箔」ご案内


 今年のワークショップは、講師に日本画家の藤井聡子先生をおむかえして、一般の(大人)クラスは「かな料紙」作りに挑戦します。平安時代に発展したかな文字を書くために加工・装飾を施した和紙を総称してかな料紙といいます。和紙の特性や様々な日本画技法を学びながら料紙作りに挑戦します。
 親子クラスでは夏の風物詩、オリジナルうちわを作ります。柿渋紙をカッティングして型紙を作り、日本画絵具で絵付けを行います。いずれも初心者の方が楽しめる内容となっていますので、是非お気軽にご参加ください。

<講  師>
藤井 聡子 先生(ふじい・さとこ)  http://satofuji.blush.jp/

1997年 女子美術大学日本画専攻卒業
1999年 東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画修士修了
2000年 第9回奨学生美術展(佐藤美術館)
2002年 東京藝術大学大学院 文化財保存学後期博士課程修了 博士学位(文化財)取得
日本美術院を主な発表の場とし、個展・グループ展も多数開催
現在、日本美術院 院友
慶応義塾大学・実践女子大学・女子美術大学非常勤講師

<ティーチング・アシスタント>
木下 千春 先生(きのした・ちはる)  http://chiharu.chu.jp/

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画修士修了
現在、日本美術院 院友
京都造形芸術大学通信教育部非常勤講師

<一般クラスの内容>

一般クラス向け完成作例写真
完成作例

 裏打ち技法や絵具の引き染め(刷毛染め)・ぼかし、墨流し、金銀箔を鏤(ちりば)める箔加工、金銀泥(きんぎんでい)による描き文様といった日本画技法を体験しながら、かな料紙を制作します。揉み紙の台紙(これも作ります)に短冊型に切り取った料紙を貼りこみ、日本画絵具と箔とかな文字を融合させた装飾作品を2日間かけてじっくり制作します。作品の大きさはP6パネル(41.0×27.3cm)を予定しています。

<一般クラス日程>

(1)2011年7月30日(土)〜31日(日) 午前11時〜午後5時
(2)2011年8月 1日(月)〜 2日(火) 午前11時〜午後5時
(3)2011年8月25日(木)〜26日(金) 午前11時〜午後5時
定員:各回とも定員18名
対象:中学生以上
参加費:7,000円(税込み) 会場:佐藤美術館5F
*初心者歓迎いたします。昼食は各自持参ください。

<親子クラスの内容>

親子クラス向け完成作例写真
完成作例

 柿渋紙という丈夫な和紙をカッティングして型紙(ステンシル)にし、それを紙面において日本画絵具を塗布後、型紙を除いて文様を出す技法を楽しみます。これに似た技法は奈良時代にすでに見受けられ、現代の千代紙作りにも活用されています。単純でありながらも効果的な絵画表現といえます。
 お父さんやお母さんに柿渋紙をカッティングしてもらいオリジナル型紙を作製して、パネルやうちわに絵を描いていきましょう。作品はF3パネル(27.3×22.0cm)とうちわ1枚です。

日時:2011年8月28日(日)午後1時〜4時
定員:9組18名
対象:小学1年〜中学生
参加費:1組 3,000円(税込)
*必ず保護者の方(18歳以上)と2人1組でご応募ください。

【用語解説】
@料紙(りょうし)とは・・・
書をしたためるために加工を施した紙を料紙といい、古く奈良時代の経文などに植物染料で染められた料紙を見ることができます。平安時代のかな文字の発展と共に色彩は豊かに、装飾は華麗となりました。様々な種類の装飾技巧が凝らされた代表的作品として国宝「西本願寺本三十六人歌集」をあげることができます

A裏打ち技法(うらうちぎほう)とは・・・
紙や絹などを補強するために、裏面に紙を糊(のり)で貼る作業のことをいいます。糊は生麩(しょうふ:純粋な小麦澱粉)を煮たものを使用します。

B墨流し(すみながし)とは・・・
水面に墨を流し、水の自然な動きと表面張力を利用して流動する墨の文様を紙に写し取るもの。西洋で発達したマーブリングと技法的に共通しますが、墨流しでは多彩な色を使用しないようです。

C柿渋(かきしぶ)紙とは・・・
楮(こうぞ)を原料とする強靭な和紙を渋柿の実からとった液で染めたもので、耐水性に富むのが特徴です。伝統的な文様染めの江戸小紋は柿渋の型紙が使用されています。

D揉み紙とは・・・
和紙に下地の色となる絵具を引き、その上に別の絵具を引き重ね、乾いた後に揉むことで部分的に下地の色が文様となって表われる紙。絵具が剥落(はくらく)する偶然と人の手があいまって現れる表情の奥深さが好まれ、表具(ひょうぐ)用の素材としても愛用されてきました。

<お申し込み方法>

「電子メール」「FAX」又は「往復はがき」に次の@〜Eを明記の上、ご応募ください。
@ ご希望クラス(一般クラス又は親子クラス)
A 希望日程
B お名前(ふりがな)
C ご住所
D 電話番号(FAX)
E 年齢

【電子メール】で応募

件名を「ワークショップ応募」とし上記@〜Eを明記。
*グループ参加をご希望で代表の方が応募の場合、希望者全員のお名前・住所・電話番号・年齢を明記して下さい。

【FAX】で応募

上記@〜E(返信用FAX番号必須)を明記の上、下記FAX宛に送信。

【往復はがき】で応募

1枚につき1名様(親子クラスでは1枚につき1組)のお申し込みとなります。 @〜Eを明記してください。

*ご友人同士で参加希望の方はその旨をお書きください。
*お申込の際にいただく個人情報は当館からの連絡以外には使用いたしません。

<応募締め切り>

6月30日(木)必着
定員を超える応募があった場合、抽選となります。
抽選結果は応募者全員にお知らせします。
現在、キャンセル待ちとなっております。

<諸注意>

参加費には材料代が含まれます。講座に必要な材料・道具類はこちらでご用意します。一般クラスは2日間続けて参加出来る方に限らせていただきます。一般クラスの日時(1)(2)(3)とも同じ内容です。参加者決定後、参加にあたっての文書をお送りします。

*夏期計画停電の実施により、本講座はやむをえず中止とさせていただく場合がございます。予めご承知の上ご応募ください。

【お申し込み・お問い合わせ先】

佐藤美術館 ワークショップ係
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10 電話 03-3358-6021 FAX 03-3358-6023
電子メール sato-museum@nifty.com


△このページの先頭へ