佐藤美術館ワークショップ <親子クラス>
日本画材と金で「雷様」を描こう! 〜屏風も作るよ〜
参加者募集

<大人クラス>「金の効果を生かして絹に紅葉を描こう!」はこちら >>

 虎のパンツに太鼓を持っているのは? そう「雷様」です。雷様が描かれているのは俵屋宗達(たわらやそうたつ)の風神雷神図(ふうじんらいじんず)。風神雷神図は、江戸時代から長い間大切に守られ、国の宝である「国宝(こくほう)」に指定されています。飛び跳ねているように見える風神と太鼓(たいこ)をならす雷神、どこかユーモラスがあって見ているだけでも楽しいですね。
この雷様を、金(金箔(きんぱく))の画面の屏風に描いてみましょう。使用する絵具は、昔から使われている日本画の絵具!鉱物(石)を磨(す)って、自分が使う絵具を作るところから始めます。屏風は実はすごい発明。今回はこの折りたためる秘密を大公開。実際に作ります。夏休みの宿題にぴったり!
さらに講師2人の作品展示もあります。初めての日本画に触れる夏休みにしませんか。

<講師>

藤井 聡子(ふじい さとこ)先生http://satofuji.blush.jp/

1997年

女子美術大学 日本画専攻卒業

1999年

佐藤国際文化育英財団 第9期奨学生

2002年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画 後期博士課程修了 博士学位(文化財)取得

2015年

個展 藤井聡子日本画展 -交差の軌跡- (佐藤美術館)

現在、日本美術院院友、女子美術大学・慶應義塾大学・京都造形芸術大学通信教育学部 非常勤講師

<ティーチング・アシスタント>

中上 佳子(なかがみ よしこ)先生http://nakagami.main.jp/

2004年

女子美奨励賞

2006年

女子美術大学 日本画専攻卒業

2010年

東京藝術大学大学院 文化財保存学日本画修了

現在、日本美術院研究会員

ワークショップ光景

鉱物(石)を磨って絵具をつくります
教材提供 女子美術大学日本画研究室

完成作品例

完成作品例

<日程 他>*内容はどちらも同じです

@平成29年7月29日(土)午後1時〜午後5時
A平成29年7月30日(日)午後1時〜午後5時

定員:各回10組

会場:佐藤美術館

対象:小学生1年生以上と保護者の方 ※必ず保護者の方(18 歳以上)と2人1組でご応募ください。

参加費:1組500 円(材料費・税込)

※講座に必要な材料・道具類はこちらで用意します。
※完成作品の大きさ 折りたたむと30×22.5cm の予定です。

<申し込み方法>

e-mailにて次の@〜Dを明記の上、下記までご応募下さい。
@希望日程 Aお名前(ふりがな) Bご住所 C電話番号・FAX 番号 D年齢
※メールはこちらからのご連絡を受信できるもの。
*ご友人同士で参加希望の方はその旨をお書きください。

応募締切り 平成29年7月24日(月)必着。

<お問い合わせ・お申し込み先>

佐藤美術館ワークショップ係
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10
電話 03-3358-6021 FAX 03-3358-6023
HP http://sato-museum.la.coocan.jp/

E-mail sato-museum@nifty.com
*E-mailの際は題名に「ワークショップの件」とお書きください。
*応募者多数の場合は抽選となります。締め切り後、応募結果はご応募いただいた方全員にお知らせいたします。

△このページの先頭へ