公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

今年度の展覧会

画心展2018

Selection vol.15

2018年6月15日(金)〜6月28日(木)
画心展2018 Selection vol.15 表面
画心展2018 Selection vol.15 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 画心展は、京都造形芸術大学の日本画研究室が主催し、学部生、大学院修士・博士課程、通信教育部から選抜され、学内外に制作成果を発表する場として2004年、本学教授石本正により命名、発足し今年で15回目を迎えます。
 昨年は本学日本画研究室の教授が通学部11名、通信教育部15名を選抜しました。今年は、佐藤美術館学芸部長の立島惠氏により通学部7名、通信教育部13名に加え佐藤美術館の奨学生3名、更には今までの卒業生すべてを対象とした招待作家枠から2名が選抜されています。
 東京の美術館学芸員である立島氏のフィルターを通して選ばれた出品者。京都というバックグラウンドを持ち、継承される伝統や新たな発想、表現の試みを是非この機会にご覧いただければと願います。

 日本画家、京都造形芸術大学教授であった石本正の命名した画心展が15年目を迎えます。
 発足当初は、日本画専攻の在学生と直近の卒業生数名の出品からはじまりましたが、徐々にその枠は広げられ数年前から通信生が加えられ、出品作家も大幅に増加しました。更に今年は今までの卒業生すべてを対象とした招待作家制度も設けられました。
 出品者の選出については、日本画研究室の先生方が中心となり行なわれていましたが、今年は私がその役を担うことになりました。
 長年京都で培われてきた本展の出品者選出を開催館であったとしても東京の美術館の学芸員である私が行なうことに些か躊躇はありました。しかし、改革を止めず新しい提示をし続けている画心展だからこそ可能な試みと捉えお引受けすることにしました。
 通学生、通信生は真摯ななかにも貪欲さが滲む作品を、招待作家については、過去の活動と描き続ける覚悟を感じさせる者を選出したつもりでおります。
 常に進化し続ける「画心展」。
 是非多くの皆様にご高覧頂けることを心より願っております。

佐藤美術館 学芸部長 立島 惠

概要

展覧会名: 画心展2018 selection vol.15
期: 2018年6月15日(金)〜6月28日(木)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
休館日: 月曜日
入場料: 無料
催: 京都造形芸術大学日本画研究室
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
イベント: 公開講評会 6月16日(土)14:00〜16:30
出品者:
<通学部>
岡部仁美・小形栞・國嶋紗季・柴田直樹・高畑彩佳・細見きらり・楊喩淇
<通信教育部>
岩崎政雄・奥みゆ紀・片岡雪子・岸田智・窪田貴美子・五島伸恵・佐々木友香・遠山泉美・橋本賢三・伴香里・藤本舞・山村惠春・山本多輝子
<佐藤美術館奨学生>
段超・丹羽優太・山里奈津実
<招待作家(卒業生)>
江川直也・木村まどか
■問合せ■
京都造形芸術大学日本画研究室
〒606-8271京都府京都市左京区北白川瓜生山町2-116
電話075-791-8232(代) FAX075-791-8233
担当:細見きらり 電話080-2403-1516 

大きな絵画と小さな絵画

入場券割引
PDFファイル(487KB)

~佐藤美術館収蔵品展~

2018年5月10日(木)〜6月10日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
大きな絵画と小さな絵画 ~佐藤美術館収蔵品展~
大きな絵画と小さな絵画 ~佐藤美術館収蔵品展~

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 絵画の鑑賞にはさまざまな楽しみ方があります。今回は絵画の大きさによる表現の違いに注目してみます。例えば鑑賞する作品との距離について考えてみます。横幅4mの作品では、その全貌を把握しようとすると作品との間に距離をとる必要が出てきます。また小さな作品では、作品に接近しなければ細やかな表情の把握は難しくなります。画家は作品の大きさそれぞれに描き方や構図に工夫を凝らし制作をしています。このことに少し注意して、作品のテーマや描き方などを見ていくと新たな発見があるかもしれません。収蔵作品より大作と小作品をセレクトして皆様の来館をお待ちしております。

概要

展覧会名: 大きな絵画と小さな絵画 ~佐藤美術館収蔵品展~
期: 2018年5月10日(木)~ 6月10日(日)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00) *入場は閉館15分前まで。
休館日: 月曜日
入場料: 一般600円/大学・高校生400円/中学生以下無料
展示作家 石井瑞穂、猪熊佳子、岩田壮平、海老 洋、大河原典子、大野廣子、奥村美佳、押元一敏、神戸智行、越畑喜代美、齋 正機、坂本藍子、菅原百佳、髙島圭史、長谷川雅也、伴戸玲伊子、マコトフジムラ、松生歩、松本華子、三瀬夏之介、村越由子、杜今日子(五十音順)
イベント: 日本画家 齋 正機氏によるトーク
日時:2018年5月12日(土) 午後2時~3時
参加方法:予約不要・参加無料 *ただし当日の入場券が必要です。 日本画家齋正機氏をゲストにお迎えして、展示作品の解説はもちろん日頃の制作についてもお話いただきます。

Gush -紛争の地から出ずるもの-

バングラデシュ新鋭作家グループ展

2018年4月19日(木)〜5月1日(火)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
Gush -紛争の地から出ずるもの- バングラデシュ新鋭作家グループ展
Gush -紛争の地から出ずるもの- バングラデシュ新鋭作家グループ展

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 バングラデッシュの歴史は古く、また豊かな文化を持つ。その国旗が示すように日本への親近感は強く、両国の国交開始(1972年)以来、日本の情報は色々な機会で紹介されている。しかし日本では、経済レベルでの交流は活発になってはいるものの、一般的に彼の国に関しては未知に等しい。アジアの国々の相互理解が必要不可欠になっている昨今、文化交流の一つとして、国立ダッカ大学芸術学部卒業生の絵画作品展を開催する事で、日本の人々の「今のバングラデッシュ」への関心を喚起したい。
 本展覧会開催のもう一つの目的は、バングラデッシュの若い芸術家の夢:「憧れの芸術の都-東京での展覧会開催」の実現である。彼らは皆、幼い時より日本のTV番組、漫画やアニメを見て育った事や、日本で美術の学位を取っている教授がいる事等から、現代のアートの発信地である東京で展覧会を開く事が夢そのものになっている。両国間の経済的な差が著しく、また交流も文化レベルに於いて頻繁ではない現在、日本での開催は、こちらからの助力無しでは不可能である。その夢を叶える事は、彼らの後に続くものにも明るい未来への可能性に繋がるであろう。
 元々絵が好きで美術の道を選んだ彼らだが、創作することは単にその為だけではない。言葉にできない自分達の感情や信念の伝達手段でもあるのだ。彼らの抱える問題を他国の人々とも共有し、理解してもらう機会が必要である。独立戦争後約20年で民主化を果たしたものの紛争が絶えなかった90年代のバングラデッシュに生まれ育った若者が、様々な価値観が入り混じる社会の狭間で、降りかかってくる「不平等」に怒り、「本当に住みやすい社会とはどういう社会なのか」を、パワフルにまた真摯に問いかける作品は、見るものの心に深く響くはず。
 本展が、現在のバングラデッシュの社会や文化を日本に紹介する機会になると同時に、今後の母国を担う彼らが、より広い世界に向けて「ドア」を開き、熟成された芸術家としての道を歩むための足がかりになる事を願って止まない。

概要

展覧会名: Gush -紛争の地から出ずるもの- バングラデシュ新鋭作家グループ展
期: 2018年4月19日(木)〜5月1日(火)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)
休館日: 4月23日(月曜日)
入場料: 無料
出品者: ダッカ大学芸術学部出身の作家12名
イベント: アーティストトーク
なかなか見る機会のないバングラデシュのアートについて作家が語ります。
4月19日(木)・4月21日(土) PM2:00〜PM4:00
催: バングラデシュ新鋭作家グループ展実行委員会
力: バングラデシュ人民共和国大使館
公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
成: 公益財団法人朝日新聞文化財団

Flag of the West 2018

-広島市立大学芸術学部日本画制作展-

2018年4月1日(日)〜4月15日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
Flag of the West 2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-
Flag of the West 2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 『Flag of the West2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-』は、広島市立大学芸術学部日本画専攻の教員、卒業生、大学院生によるアートプロジェクト『Flag of the West2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-』の主軸に掲げる同名展覧会。
 本展は2018年4月を会期とし、プロジェクト全体では2018年3月〜4月を第1期、2018年8月を第2期の会期として、東京都内計7箇所で同時期に日本画の展覧会を開催予定。
 広島市立大学芸術学部日本画専攻は、公立総合大学の一専攻ながら全国の美術大学に比肩する作家育成の教育理念を掲げ、卒業生、在校生とも積極的に制作活動をおこなっている。
 2015年に開学20周年を迎え、広島の風土に根付いた新たな芸術の力を広く全国に発信する機会として、佐藤美術館ならびに都内5箇所の画廊を会場に、翌2016年に第1回目となる同プロジェクトを立ち上げた。
 佐藤美術館において2回目の開催となる本展では、継続的に制作活動を続ける卒業生に新たな大学院生を加えた計39名が日本画の大作を発表予定。

概要

展覧会名: Flag of the West 2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-
期: 2018年4月1日(日)〜15日(日)
休館日: 月曜日 但し、4月2日(月)は開館
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)
入場料: 無料
催: Flag of the West 2018実行委員会
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
出品者: 39名
樋田礼子・廣藤良樹・西原陽平・長瀬香織・王培・中内共路・野呂良子・森ゆだね・大瀬戸文子・大橋智・山本志帆・伊藤真之介・井上花・若佐慎一・明智幸・田村美智子・若鍋翠・岡本望・菅原有加・川口真理・鈴木奈緒・永田美里・峯石まどか・森下恭介・浅埜水貴・大庭孝文・南保茜・石川真・岡田志保・杉浦沙恵子・花田怜奈・原田さおり・白川麻美・田頭礼華・中谷彩加・明壁美幸・岸本祥太・吉田奈保子
イベント: 鼎談「制作について-つくることとみせること」2018年4月1日(日)14:00〜
倉島重友(広島市立大学名誉教授)、立島惠(佐藤美術館学芸部長)、藁谷実(広島市立大学教授)
「Flag of the West 2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-
プロジェクトは7箇所の会場を連携して開催します。

「Flag of the West 2018 -広島市立大学芸術学部日本画制作展-」
佐藤美術館(会期:4月1日〜15日)
〒160-0015 東京都新宿区大京町31-10

Flag of the West 2018「sestet -広島市立大学日本画教員展-」
ナカジマアート(会期:3月28日〜4月10日)
〒104-0061 東京都中央区銀座5-5-9 アベビル3階

Flag of the West 2018「春歩展」
かわべ美術(会期:3月28日〜4月10日)
〒104-0061 東京都中央区銀座4-13-3 銀座ACN HIGASHIGINZA BLDG 2F

Flag of the West 2018「M6展」
数寄和・東京(会期:4月8日〜15日)
〒167-0042 東京都杉並区西荻北3-42-17 ツインハイツ1F

Flag of the West 2018「Hiroshima city university Nihonga; Selected Artists」
Lower Akihabara」(会期:4月7日〜4月14日)
〒101-0031 東京都千代田区東神田1-11-7 東神田M.Kビル1F

Flag of the West 2018「miniature」
森田画廊(会期:3月31日〜4月6日)
〒104-0061 東京都中央区銀座1-16-5 銀座三田ビル2F

Flag of the West 2018「其々の景色 -広島市立大学選抜作家による日本画展-」
新宿タカシマヤ(会期:8月15日〜27日)
〒151-8580 東京都渋谷区千駄ヶ谷5丁目24番2号

総出品作家:60名

PAGE
TOP