公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

今年度の展覧会

ShinPA2019 –迷宮– 東京展

2019年6月25日(火)〜7月7日(日)
ShinPA2019 –迷宮– 東京展 表面
ShinPA2019 –迷宮– 東京展 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 本展覧会では2016年以降テーマを設けてまいりました。「いろ・いろいろ」に始まり、「時のはなし」、「対」と続き、2019年は「迷宮」をテーマとしました。ShinPAでは、様々な表現と技法が混在し、一人一人の個性がぶつかり合う場所です。作家それぞれの世界観からなる空間そのものを“迷宮”に例えることができるのではないかと考えました。15人それぞれが記す漢字1文字を手掛かりに、より深く絵の世界に入り込んでいただけましたら幸いです。

概要

展覧会名: ShinPA2019 –迷宮– 東京展
期: 2019年6月25日(火)~7月7日(日)
休館日: 7月1日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
入場料: 無料
催: ShinPA実行委員会
力: おぶせミュージアム・中島千波館
有限会社 空
佐藤美術館
【企画1】 出品者によるギャラリートーク
6月29日(土)14:00~15:30 観覧無料
ゲストパネリスト:
中島千波(東京藝術大学名誉教授/日本画家)
藤原さゆり(藤原羽田合同会社 アートディレクター/キュレーター)
【企画2】 新宿区フィールド・ミュージアム『しんじゅく くくく』プログラム
「妖怪うちわを描いて百鬼夜行!」ワークショップ
6月30日(日)11:00~14:00 ※材料がなくなり次第終了
場所:新宿高島屋2階JR口特設会場
材料費:300円
主催:新宿区、公益社団法人 日本芸能実演家団体協議会[芸団協]
子供から大人まで数分で気軽に描けます。妖怪うちわを持って新宿の街に涼しい風を!
◯佐藤美術館ミュージアムショップ チャリティー企画 『ShinPA スケッチ&ドローイング展』
本展示作品のためのスケッチや習作などを展示・販売いたします。毎回売り上げの一部を被災地へ寄付しております。
出品者: 田宮話子高岡香苗押元一敏田﨑冬樹髙橋浩規堤岳彦山本陽光金丸悠児野地美樹子井上越道川本淑子金木正子平良志季古家野雄紀高橋祐次[計15名]

日本画の多様性

~佐藤美術館収蔵品展~

入場券割引
PDFファイル(619KB)
2019年5月14日(火)〜6月16日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
日本画の多様性 ~佐藤美術館収蔵品展~ 表面
日本画の多様性 ~佐藤美術館収蔵品展~ 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 佐藤美術館では開館以来同時代作家の作品を収集し定期的に公開をしております。今回の収蔵品展では日本画作品をピックアップして展観いたします。当館では作品収蔵後も継続的な調査によってひとりの画家の作品を複数点収蔵しているケースがあります。本展では収蔵品がすでに複数あり、当館が今後の活躍に注目している画家を小特集して7名をご紹介いたします。7名の画家それぞれの個性的な作品があつまることで見えてくる現代の多様な日本画表現をお楽しみください。

概要

展覧会名: 日本画の多様性 ~佐藤美術館収蔵品展~
期: 2019年5月14日(火)~6月16日(日)
休館日: 月曜日
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
入場料: 一般600円/大・高校生400円/中学生以下無料
催: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団

展示作家

荒井 経
(あらい・けい)
石崎 昭亜
(いしざき・あきつぐ)
岡村 桂三郎
(おかむら・けいざぶろう)
北田 克己
(きただ・かつみ)
髙島 圭史
(たかしま・けいし)
藤井 聡子
(ふじい・さとこ)
マコト フジムラ

イベント

作品解説&日本画レクチャー
師: 日本画家 藤井 聡子先生
容: 展示作品解説と日本画の技法実演や画材についてお話いただきます。
時: 2019年5月26日(日)
間: 午後2時~午後3時30分
参加方法: 予約不要。ただし参加には当日の入場券が必要です。

東北芸術工科大学

「TOHOKU CALLING」

2019年4月20日(土)〜5月1日(水)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
東北芸術工科大学「TOHOKU CALLING」 表面
東北芸術工科大学「TOHOKU CALLING」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 Tohoku Calling「こちら東北、応答願います!」と名付けられたこの展覧会は、東北芸術工科大学大学院からの呼びかけであり、大学院の複合的なクリエイティブ実験が発する肉声です。
 山形県に在る東北芸工大は、常にグローバルとローカルを同時に意識しています。多岐にわたる創作や試みは、これまでのアート作品という枠を超え、地域デザインやコミュニティーとの連携、歴史遺産とのコラボレーションを生み出しています。
 このたび佐藤美術館様のご協力をいただき、本学の取り組みを複合的にご紹介させていただける機会を得られました。日ごろから山形や東北芸工大をよくご存知ではない方々にも、東北で芽吹いた新しいアートの声をお届けできればと思います。

概要

展覧会名: 東北芸術工科大学「TOHOKU CALLING」
期: 2019年4月20日(土)〜5月1日(水)
休館日: 4月22日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
入場料: 無料
催: 東北芸術工科大学大学院
5階(コレクティブゾーン)Collective zone

少子高齢化に伴うコミュニティーのリデザイン、過疎化や限界集落の出現などに伴う地方都市のリノベーションなど、デザイン分野において問題の露出しているここ東北は世界最先端の現場であり、ファインアートの分野においても、自己表現に止まらないリサーチやフィールドワークを重視した集団による作品制作の実践が数多く生まれています。
●松崎綾子×アメフラシ ●追沼翼 OF THE BOX inc.

●東北画は可能か?
2009.11月、東北芸術工科大学にて日本画コース三瀬夏之介と洋画コース鴻崎正武により、東北における美術の可能性を考えるチュートリアル活動としてスタート。

4階(コラボレーションゾーン)Collaboration zone

東北芸術工科大学は日本初の公設民営方式の私立大学として1992年に開学し、大学院芸術工学研究科が1996年に、芸術工学研究科博士後期課程が2005年に設置されました。地域の方々に見守られるコンパクトな大学で教員と学生の距離の近さがあります。今回はコラボレーションの名の下、研究を持ち寄るもの、お題を出し合うもの、ガチンコバトルなど様々な師弟対決が繰り広げられます。
●鴻崎正武×小野田拓真 ●青山ひろゆき×鈴木隆史 ●深井聡一郎×田久保静香 ●酒井聡×小野木亜美 ●三瀬夏之介×多田さやか ●長沢明×土井沙織

3階(ラボラトリーゾーン)Laboratory zone

本大学院にはすべての研究領域が集まり展覧会・学会形式で研究の中間発表をする「レビュー」というイベントがあります。私たちは「レビュー」を通して自身の表現を欲求に従っただけの独りよがりなものではなく、複雑化するこの世界の関係の中に存在させようとするため、世界の成り立ち、地域の歴史、社会情勢などを考察し、自己の表現・研究と相関させる不断の努力をこの東北の地で今日も続けています。
●松山隼 ●辛文遊 ●高見基秀 ●赤澤慶二郎 ●財田翔悟 ●春原直人 ●髙山美月 ●鄭麗娜 ●飯泉祐樹  ●居橋朗 ●高妻留美子

オープニングトーク&レセプション「こちら東北!」

2019年4月20日(土)
16:00-17:00 佐藤美術館3階からスタートする周遊型トークです。
小金沢智(太田市美術館 図書館)三瀬夏之介(大学院研究科長)×深井聡一郎(大学院芸術文化専攻長)×出品作家
17:00-18:00 レセプションパーティー
アメフラシメンバーの村上滋郎が代表を務める長井ブルワリークラフトマンのクラフトビールで乾杯します!

本展に関するお問い合わせ:
東北芸術工科大学
〒990-9530 山形県山形市上桜田3-4-5
TEL 023-627-2000 Fax 023-627-2081
http://www.tuad.ac.jp

「迷うくじら」名古屋芸術大学 日本画コース選抜展

2019年4月2日(火)〜14日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
「迷うくじら」名古屋芸術大学 日本画コース選抜展」 表面
「迷うくじら」名古屋芸術大学 日本画コース選抜展」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 「迷うくじら」名古屋芸術大学日本画コース選抜展は、名古屋芸術大学芸術学部日本画コースの3、4年生、大学院生、研修生、教員による展覧会です。
 1、2年で基礎となる写生、模写、絹本等を学び、3年から自由制作と繋がる過程で表現や材料の選択も大きく変わり、個々の作風が生まれ始めます。大海原を悠々と進む鯨の姿に迷いながらも自己の内面の声を信じ進み続ける学生の姿を重ねて展覧会名としました。時代性を内包する若者たちの作品群を芸術の発するエネルギーを広く全国に発信する機会として企画しました。

概要

展覧会名: 「迷うくじら」名古屋芸術大学 日本画コース選抜展
期: 2019年4月2日(火)〜14日(日)
休館日: 4月8日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
入場料: 無料
催: 名古屋芸術大学 日本画研究室
出品者:計35名
〔研修生〕島次逸郎・山守良佳
〔大学院生〕鈴木盛史・三井里花・亀山絢香・丹羽優香
〔4年生〕大見真里佳・奥井滝・小林輝・坂井円香・杉田拓也・高岡美月・禰冝田心・波多野優也・馬場美優・山田真依・湯下奈穂
〔3年生〕貝塚葵・髙橋古都美・中島麻琴・中島優太・増岡美紀・丸田妃奈乃・後藤亜美・三柳有輝
〔教員〕長谷川喜久・瀬永能雅・荒木紀江・阿部任宏・岡村智晴・熊原清久・鈴木淳子・寺脇扶美・福本百恵・帆刈晴日
関連イベント:公開講評会 2019年4月7日(日) 13:00~
立島 惠(佐藤美術館学芸部長)・長谷川喜久(名古屋芸術大学美術領域教授)
本展に関するお問い合わせ:
名古屋芸術大学日本画研究室 〒481-8535 愛知県北名古屋市徳重西沼65番地 西キャンパス  TEL:0568-24-2891 / FAX:0568-24-8427 / MAIL:
PAGE
TOP