公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

今年度の展覧会

ホルベイン・スカラシップ成果展

2020年7月30日(木)〜8月9日(日)
ホルベイン・スカラシップ成果展 表面
ホルベイン・スカラシップ成果展 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 「ホルベイン・スカラシップ成果展」を、佐藤美術館にて開催いたします。本展では、283名の応募者から、第33回スカラシップ奨学生として選出された7名の作家の作品を展示致します。

概要

展覧会名: ホルベイン・スカラシップ成果展
期: 2020年7月30日(木)~8月9日(日)
休館日: 8月3日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)
入場料: 無料
催: ホルベイン画材株式会社
出品者: 飯田翔之介・井上瑞貴・菊池遼・水戸部七絵・若林菜穂・末松由華利・田岡智美(計7名)

トークイベント:8月1日(土)17:00~18:00 *配信のみ
「パンデミックとアーティスト」

ゲスト:
中野仁詞(神奈川県芸術文化財団学芸員、第56回ヴェネチア・ビエンナーレ国際美術展日本館キュレーター、横浜ビエンナーレ2017キュレーター)
O JUN(画家、東京藝術大学美術学部教授、第5回ホルベイン・スカラシップ奨学生)
曽谷朝絵(画家、現代美術家、第13回ホルベイン・スカラシップ奨学生)

*YouTubeライブ配信  Holbein Japan(ホルベイン公式)

*製品紹介コーナー
会期中、ホルベイン製品を紹介するコーナーを設けます。
一部商品は実際にお試しいただけます。

*展覧会、イベントの詳細、最新情報はこちら

*新型コロナウイルス感染症の影響により会期・開館時間が変更となる場合があります。

ShinPA2020 -NIPPON- 東京展

2020年7月7日(火)〜7月19日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
ShinPA2020 -NIPPON- 東京展 表面
ShinPA2020 -NIPPON- 東京展 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 2020年に予定されていたオリンピック・パラリンピックイヤーに伴い、グローバルな視点から日本を見つめ、アピールしていく意味で『NIPPON』というテーマで展覧会を開催いたします。常日頃、季節や風土などの意識を持っていますが、世界からも日本文化が注目を浴びる現代において国のアイデンティティーを再認識する機会になることでしょう。作家一人一人の日本に対する捉え方や表現をご堪能いただければと思います。

概要

展覧会名: ShinPA2020 –NIPPON– 東京展
期: 2020年7月7日(火)~7月19日(日)
休館日: 7月13日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ〜19:00)※入場は閉館15分前まで
入場料: 無料
催: ShinPA実行委員会
力: おぶせミュージアム・中島千波館・有限会社 空・佐藤美術館
出品者: 泉東臣・井上越道・押元一敏・金丸悠児・金木正子・川本淑子・平良志季・高岡香苗・高橋浩規・高橋祐次・田﨑冬樹・田宮話子・堤岳彦・濱岡朝子・野地美樹子・山本陽光[計16名]
画: チャリティー作品展
各作家がドローイングやスケッチ等を描き、一律2万円で販売いたします。売り上げの一部は募金活動に使用させていただきます。
*古家野雄紀はチャリティー展のみ出品
*チャリティー作品購入は抽選になります。
抽選申込期間:7月7日(火)~7月12日(日)2階ミュージアムショップにて受付けます。 先着順ではありません。
7月14日(火)からは会場にて先着順でお申込みいただけます。(抽選作品を除く)
『ShinPA2020 -NIPPON-』でのチャリティー作品展に多くの方から申し込みがありましたこと御礼申し上げます。
今回29人からご購入希望がありました。その中から7月13日に抽選を行い、14人の方が当選されてご連絡を差し上げております。ご連絡がなかった方には申し訳ありませんが、これを持ちましてチャリティー作品購入者の決定とさせていただきます。誠にありがとうございました。

尚、14日時点で3点の作品が残っております。こちらの作品は先着順で会場にて受付しております。(ShinPA代表 押元一敏)

佐藤美術館収蔵品展 2020

入場券割引
PDFファイル(245KB)
2020年6月2日(火)〜6月28日(日)
佐藤美術館収蔵品展2020 表面
佐藤美術館収蔵品展2020 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 当館では1990年の設立以来、同時代作家の作品を収集しており、その成果は収蔵品展として定期的に広く公開しております。今回の収蔵品展では、絵画鑑賞初心者の方にもわかりやすい「素材・技法の違い」を中心にご覧いただきます。当館の3階、4階、5階それぞれの展示室に日本画作品、油画系作品、版画系作品を展示いたします。
 日本画では岩絵の具、和紙、膠といった扱いの難しい伝統的な画材を駆使して描かれた8作家による作品を展示いたします。油画系では伝統的な油絵の具を使った作品だけでなく、アクリル絵の具やダーマトグラフで描かれた作品や通常日本画で使用される画材を併用したミクストメディア作品も展示いたします。8名の作家による個性的な表現をお楽しみください。版画系では、銅版画、木版画、モノタイプ、ステンシルといった技法の作品をご紹介します。ここでは日本人作家4名に加え日本留学中に当財団の奨学支援を通じて縁のできた3名(中国、韓国、モンゴル)の外国人作家の作品を展示いたします。
 当館の支援しております若手作家から中堅、大家によるさまざまな素材・技法を駆使して描かれた味わい深い作品群を是非お楽しみください。

概要

*新型コロナウイルス感染症の状況により会期、開館時間などは変更になる場合があります。

展覧会名: 佐藤美術館 収蔵品展 2020
期: 2020年6月2日(火)~6月28日(日)
休館日: 月曜日
開館時間: 10:00〜16:00 ※入場は閉館15分前まで
*開館時間を短縮しております。ご注意ください。
入場料: 一般600円/大・高校生400円/中学生以下無料
展示内容: 収蔵品より日本画、油画系、版画作品、23作家による36点を展示。

展示作家(23作家)

石居 麻耶(いしい・まや)、 猪熊 佳子(いのくま・けいこ)、 王 鑫(おう・しん)、 大河原 典子(おおかわら・のりこ)、 大野 廣子(おおの・ひろこ)、 荻島 香織(おぎしま・かおり)、 小田 さゆり(おだ・さゆり)、 狩野 宏明(かの・ひろあき)、 神戸 智行(かんべ・ともゆき)、 北川 麻衣子(きたがわ・まいこ)、 金 兌赫(きむ・てひょく)、 呉 亜沙(ご・あさ)、 鴻崎 正武(こうざき・まさたけ)、 坂本 藍子(さかもと・あいこ)、 集治 千晶(しゅうじ・ちあき)、 杉原 伸子(すぎはら・のぶこ)、 平松 礼二(ひらまつ・れいじ))、 藤原 由葵(ふじわら・ゆき)、 星 晃(ほし・あきら)、 ボルジギン トブチチゲ、 マコト フジムラ、 柳澤 紀子(やなぎさわ・のりこ)、 鷲野 佐知子(わしの・さちこ)

PAGE
TOP