* 今年度の展覧会 | 公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

公式Twitterアカウント
公式Facebookアカウント
公式instagramアカウント

今年度の展覧会

第31回奨学生美術展
※10/10(月・祝)開館、10/11(火)休館

2022年9月6日(火)〜10月16日(日)
第31回奨学生美術展 表面
第31回奨学生美術展 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 佐藤国際文化育英財団は、美術に関する創造及び調査研究活動に対する助成、美術を専攻する学生への奨学金援助、美術館の運営などを目的として1990年に設立、2011年3月には内閣府より公益財団法人として認定を受けております。1991年より開始した奨学援助事業は、全国の美術系大学より推薦を受けた邦人学生と留学生の応募者の中から、厳正なる審査により選ばれた奨学生に2年間にわたり奨学金を支給するものです。本展は奨学生たちの研究成果としての作品を広く公開し、皆様にご紹介することを目的として開催いたします。また本展参加をきっかけとして所属大学・研究分野・団体などの枠を越えて奨学生同士の交流を深めることにも期待しています。
 今年度の出品者は全国7大学(愛知県立芸術大学・女子美術大学・多摩美術大学・東京藝術大学・東京造形大学・東北芸術工科大学・広島市立大学)から選出された10名と招待作家2名の計12名が参加いたします。招待作家は過去の奨学生の中から現在活躍著しい方を出身大学や分野等ができるだけ偏らないように出品依頼をしております。今回の招待作家は当財団第20期奨学生・多摩美術大学大学院出身の谷保玲奈氏と同じく第20期奨学生・東京藝術大学大学院出身の山田彩加氏にご協力を頂きました。
 奨学生たちの出品作は2点、もしくはその2点を横につなげた大作1点としています。また作品の制作年は出品作のうち1点は奨学金支給期間内に制作された作品であることとし、その研究成果を発表していただきます。もう1点は新作または近作の出品をお願いしています。招待作家の方には大作と小品の2作品の出品を依頼しております。
 本展では出品者それぞれが取り組んできたテーマの日本画、油画、版画作品が一堂に会します。
 また昨年に続き画材メーカー等の協力のもと優秀作品には各社より協賛賞として画材の無償提供をしていただきます。
 是非この機会に若々しい作品をご覧いただき、奨学生たちの作家としての今後の歩みを一人でも多くの皆様に見守っていただければ幸いに存じます。また本展に併せて収蔵作品より奨学生コレクションも公開いたしますのでこちらもお楽しみください。

概要

展覧会名: 「第31回奨学生美術展」
期: 2022年9月6日(火)〜10月16日(日)
開館時間: 午前10時~午後5時 *金曜は午後7時まで(入館は閉館15分前まで)
休館日: 月曜 *9/19(月・祝)開館、9/20(火)休館、10/10(月・祝)開館、10/11(火)休館
入場料: 無料 *イベント参加も無料
催: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館
賛: Awagami Factory、吉祥、Kuretakeアート&クラフト カンパニー、ナカガワ胡粉絵具、株式会社中里、namura、PIGMENT TOKYO、株式会社墨運堂、松田油絵具株式会社(50音順)

イベント

アーティストトーク
日時:2022年9月17日(土)14:00~15:30
内容:出品者によるトークイベントを予定しています。
*予約不要、参加無料。
*イベントは状況により変更・中止となる場合があります。公式ツイッターで最新情報をご確認ください。

出品作家一覧

  • ●愛知県立芸術大学
  • 宮田 佳子(日本画)
  • ●女子美術大学
  • 黄 靖茹(日本画)
  • ●多摩美術大学
  • 堀内 涼雅(日本画)
  • ●東京藝術大学
  • 甘 甜(保存修復日本画)
  • 齋藤 愛未(日本画)
  • 鈴木 初音(油画)
  • 平田 望(デザイン〔日本画〕)
  • ●東京造形大学
  • 塩澤 海斗(油画)
  • ●東北芸術工科大学
  • 橋坂 ひかる(日本画)
  • ●広島市立大学
  • 亀川 果野(日本画)
  • 大学名五十音順 邦人8名 中国人2名
  • ●招待作家(過去の当財団奨学生)
  • 谷保 玲奈(日本画)
  • 第20期奨学生 多摩美術大学大学院博士前期課程修了
  • 山田 彩加 (版画)
  • 第20期奨学生 東京藝術大学大学院博士後期課程修了
  • ●特別出品(前回買い上げ作品)
  • 川上 椰乃子(保存修復日本画)
  • 第30期奨学生 東京藝術大学大学院博士後期課程在学中
  • 以上

協賛賞

・アワガミファクトリー賞
黄 靖茹女子美術大学大学院
橋坂 ひかる東北芸術工科大学大学院
山田 彩加招待作家
・株式会社吉祥賞
甘 甜東京藝術大学大学院
齋藤 愛未東京藝術大学大学院
谷保 玲奈招待作家
・株式会社呉竹賞
塩澤 海斗東京造形大学卒
亀川 果野広島市立大学大学院
・ナカガワ胡粉絵具株式会社賞
齋藤 愛未東京藝術大学大学院
・株式会社中里賞
宮田 佳子愛知県立芸術大学大学院
甘 甜東京藝術大学大学院
橋坂 ひかる東北芸術工科大学大学院
・株式会社名村大成堂賞
齋藤 愛未東京藝術大学大学院
塩澤 海斗東京造形大学卒
橋坂 ひかる東北芸術工科大学大学院
・PIGMENT TOKYO賞
宮田 佳子愛知県立芸術大学大学院
鈴木 初音東京藝術大学大学院
塩澤 海斗東京造形大学卒
亀川 果野広島市立大学大学院
・株式会社墨運堂賞
甘 甜東京藝術大学大学院
齋藤 愛未東京藝術大学大学院
・松田油絵具株式会社賞
塩澤 海斗東京造形大学卒

描画図鑑2022

「肉と骨」

2022年7月12日(火)〜7月24日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
描画図鑑2022 「肉と骨」 表面
描画図鑑2022 「肉と骨」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 東京藝術大学デザイン科出身者作家によるShinPAは、2020年に15年間の節目を迎えて終了し2021年からは若手を中心とした発表の機会創出のため大作を主にした新たなグループ展「描画図鑑」を発足しました。その第1回展は、作品制作を観察からつくりあげるか、想像力でつくりあげるか、という二つの視点に分け「 現実 うつつ vs まぼろし 」というテーマで展示しました。
 今回のテーマは「肉と骨」です。実際に肉、骨をモチーフにするだけでなく、 骨描き こつがき 、肉付けという作品制作上の重要な要素も含めて表現挑戦をしたいと思っています。
 また同時開催されるチャリティー小品展や画廊での連携展も併せてご高覧ください。

概要

展覧会名: 描画図鑑 「肉と骨」
期: 2022年7月12日(火)~7月24日(日)
入場料: 無料
開館時間: 10:00〜17:00 金曜日~19:00(入場は閉館15分前まで)
休館日: 7月19日(火)
催: 描画図鑑実行委員会
出品者: 李倩(リ セイ)、いわさきありえ、蔡琴(サイ キン)、寺岡香織、河辺依莉乃、高橋祐次、大島利佳、信川みなみ、長浦萌子、金丸悠児、堤岳彦、高岡香苗、山本陽光、濱岡朝子、山田勇魚、倉田明佳、平良志季、内田亘、内田恵以上19名
*チャリティー作品展
佐藤美術館2Fミュージアムショップ
A4サイズ額付きの小作品を一律2万円(税込)で販売いたします。
売上の一部は慈善活動に寄付いたします。
*販売方法などに関する詳細は下記SNSにてご確認下さい。
同時開催: 描画図鑑「肉と骨」小品展
2022年7月14日(木)~7月23日(土)*休廊日7月17日(日)、18日(月・祝)
*新生堂
東京都港区南青山5-4-30 TEL03-3498-8383
*林田画廊
東京都中央区京橋2-6-16 TEL03-3567-7778
*八犬堂
東京都中央区京橋2-6-8 孤松庵ビル2階 TEL03-3563-3300

佐藤美術館収蔵品展

―現代作家の描く風景―

入場券割引
PDFファイル(241KB)
2022年5月10日(火)〜6月26日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
佐藤美術館収蔵品展―現代作家の描く風景― 表面
佐藤美術館収蔵品展―現代作家の描く風景― 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 このたび「佐藤美術館収蔵品展―現代作家の描く風景―」を開催いたします。
 当館では定期的に収蔵品展を開催し、そのコレクションを広く公開をしております。
 今回の収蔵品展のテーマは「現代作家の描く風景」です。現代作家28名の描いたさまざまな風景画を展示いたします。風景をテーマとした作品では、大きさや素材・技法の違いによって多様な表現が試みられています。幅3メートルを超える大作ではその大きさを生かした雄大な自然を描くことができ鑑賞者を圧倒します。逆に小品では色々な要素をはぶくからこそ過去にどこかで見たような親近感のある風景が現れます。描かれている対象は、実存する場所だけでなくイメージから構成された架空の地であることもあります。それは穏やかな海辺や遠くまで美しい眺めの続く山だったりします。この取材地選びの傾向も作家の特徴を形成します。またじっくりと作品を見つめているとそれぞれの作家が作品に託した哲学的な一面を感じ取ることもあるでしょう。
 現代作家による多彩な風景作品をお楽しみください。

概要

展覧会名: 佐藤美術館収蔵品展―現代作家の描く風景―
期: 2022年5月10日(火)~ 6月26日(日)
入場料: 一般700円/大・高校生500円/中学生以下無料
開館時間 午前10時~午後5時 金曜~午後7時まで(入場は閉館15分前まで)
休館日: 月曜日
催: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団
展示点数 31点を予定(日本画を中心に、油画、版画作品を併せて展示します)
展示作家: 荒井経、石居麻耶、石崎昭亜、猪熊佳子、海老洋、大河原典子、大久保智睦、大西守博、奥村美佳、櫻井律子、高木優子、髙橋舞子、髙橋まり子、陳文光、唐承華、朴香淑、長谷川喜久、八田哲、伴戸玲伊子、藤井聡子、古市正彦、牧野環、マコトフジムラ、森山知己、山中章寛、山本太郎、吉賀あさみ、依田万実(28名)

【会期中のイベント ギャラリートーク】

時: 2022年5月21日(土)午後2時~3時
本展出品作家をお招きして自作についてお話を伺いながら本展を一緒に鑑賞します。
ゲスト: 海老 洋 氏(東京藝術大学美術学部 教授、創画会 会員、当財団3期奨学生)
大河原 典子 氏(鎌倉女子大学 准教授、日本美術院 院友、当財団12期奨学生)
*予約不要。参加には当日の入場券が必要です。
*新型コロナウイルスの感染状況によっては中止となる場合がございます。
*本展の会期・休館日・開館時間等は変更になる場合があります。当館Twitterウェブサイトをご確認ください。

2022年多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展

2022年4月19日(火)~5月1日(日)
展示終了いたしました。ご来場ありがとうございました。
2022年多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展 遡 表面
2022年多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展 遡 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 本展は多摩美術大学大学院日本画研究領域2年に在籍する11名による展示です。
 長い年月をかけて作り出される鉱物。その極めて美しい部分から生まれるのが岩絵具です。私たちはその岩絵具を使い、自然の時間と美しさを存分に享受しながら新しい表現を作り出しています。「遡」という展示名には先人たちが残した歴史を遡るという意味を込めました。そして後世の人は今の私たちの作品をみて何を感じ、何を遡るのでしょうか。
 本展を通して、各出展者の多彩な作品をご高覧ください。

概要

展覧会名: 2022年多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展「
期: 2022年4月19日(火)~5月1日(日)
休館日: 4月25日(月)
入場料: 無料
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ19:00まで)※入館は閉館15分前まで
催: 多摩美術大学日本画研究室
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
出品作家: 葛玲瑋洪暁蒙朱典典陳柏欣通木菜々絵袴田真子封雨瀟Brana  Kristina葉堀内涼雅山内明日香林銘君
※今般のコロナウイルス感染症への対応につきましては、状況を見極め随時判断を致します。そのため開館時間等、変更になる可能性がございます。何卒ご了承くださいますようお願い致します。
お問い合わせ
多摩美術大学日本画研究室 TEL.042-679-5619 FAX.042-670-5642
〒192-0394 東京都八王子市鑓水二丁目1723番地 http://www.tamabi.ac.jp/nihonga/
通木菜々絵(代表 大学院二年在籍)Email: 
展覧会SNSアカウント
Twitter:@satobi_2022
Instagram:@satobi_2022
PAGE
TOP