* 今年度の展覧会 | 公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

公益財団法人佐藤国際文化育英財団 佐藤美術館

公式Twitterアカウント
公式Facebookアカウント
公式instagramアカウント

今年度の展覧会

京都芸術大学 通信教育課程

ゆうゆう会 日本画展

2024年7月30日(火)〜8月12日(月・祝)
「京都芸術大学 通信教育課程
ゆうゆう会 日本画展」 表面
「京都芸術大学 通信教育課程
ゆうゆう会 日本画展」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 本展は「東京ゆうゆう会」のメンバーによるグループ展です。「東京ゆうゆう会」は京都芸術大学および大学院(通信課程)日本画専攻の在学生と卒業生を中心にした学習グループで、創設されてから5年余となります。日常の活動は、スケッチ会やモデルデッサン、技法研究などです。小作品の展覧会は毎年開いてまいりましたが、美術館で大きな作品を展示するのは初めてのことです。
 本展では100号前後の作品、そしてそれに相応する絵巻や掛け軸といった作品を展示しております。その多くは卒業制作や修了制作です。バリエーション豊かなテーマと個性あふれる表現を楽しんでいただき、日本画の幅広さを感じていただければ幸いです。また、大学の授業課題で共通に制作した百合の天井画を、格天井に見立てて展示してみました。併せてお楽しみください。

概要

展覧会名: ゆうゆう会 日本画展
期: 2024年7月30日(火)~8月12日(月・祝)
入場料: 無料
休館日: 8月5日(月)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日~19:00) 入館は閉館15分前まで
催: 京都芸術大学通信教育課程公認コミュニティ東京ゆうゆう会
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
出品作家: 相川光子、イシカワユウコ、石橋和美、磯村貴子、櫟木祥子、伊藤純子、岩野さやか、宇田川千裕、榎本芳美、大里晃、小河仁美、落合良仁、柿木美香、笠原さなえ、金丸結実、かねこともこ、神永新子、吉良佳世子、串橋壽々子、京一、小泉洋子、小林愛子、齋藤あけみ、佐藤美絵子、宍戸真弓、設楽保江、島津ともえ、高階明子、田中まさ子、つだたか子、手井恵利子、冨岡伸介、仁科基子、橋本典子、ハシモトヤヨイ、藤田晶子、藤永由紀子、古川亮二、三友美代子、村田真由美、山下涌二郎、山廣宏子、吉田裕子、よもだゆきこ、渡邊直子
(天井画のみの参加者含む)
ギャラリートーク:
8月4日(日)14:30~
制作者が作品の前で制作過程などをゲストとの対話形式で語ります
ゲスト:松生歩(京都芸術大学教授)
問合せ: 東京ゆうゆう会 

描画図鑑

「おとぎ話」

2024年7月9日(火)〜7月21日(日)
「描画図鑑 2024 『おとぎ話』」 表面
「描画図鑑 2024 『おとぎ話』」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 東京藝術大学デザイン科出身者作家グループShinPAが、2020年に15年間の節目を迎え終了しました。「描画図鑑」は今までのShinPAの出品者とともに、作家を志す若手の発表の機会創出のため2021年より発足しました。今回はその第4回目の展示になります。本展は毎回テーマを決めそれを作家其々の解釈のもと提示してきました。(第一回「 うつつ vs まぼろし 」、第二回「肉と骨」、第3回「恋」)。 今回は「おとぎ話」をテーマに制作します。
 既存の物語や、作家のオリジナルの物語もあり、新たなメンバーも加わり見応えのある大作の展示になります。作品を鑑賞していただきながらどんな物語なのか、何をしているシーンなのかなど様々な視点で楽しんでいただけますと嬉しいです。

概要

展覧会名: 描画図鑑 「おとぎ話」
期: 2024年7月9日(火)~7月21日(日)
入場料: 無料
休館日: 7月16日(火)
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日~19:00)
催: 描画図鑑実行委員会
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団
出品作家: リセイ、髙橋浩規、後藤まどか、平良志季、金丸悠児、江上秋花、倉田明佳、堤岳彦、万年、サイキン、松本理沙、たかすぎるな、パクテヒョン、馮聖心、張エイシン、山田勇魚以上16名
イベント: 7月13日(土)アーティストトーク 14:00~
*チャリティー作品展
佐藤美術館2Fミュージアムショップ
A4サイズ額付きの小作品を一律2万円(税込)で販売いたします。
売上の一部は慈善活動に寄付いたします。
販売方法などに関する詳細は下記SNSにてご確認下さい。

佐藤美術館収蔵品展2024

入場券割引
JPGファイル(474KB)
2024年5月14日(火)〜6月30日(日)
佐藤美術館収蔵品展2024 表面
佐藤美術館収蔵品展2024 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 当館では1990年の開館以来、美術を専攻する学生への奨学金支給事業とともに同時代の優れた絵画をコレクションしてまいりました。そのコレクションを公開する年に一度の収蔵品展を開催いたします。今回は24作家による個性的で幅広い表現の作品を展示いたします。当館自慢のコレクションをぜひ御覧ください。

概要

展覧会名: 佐藤美術館収蔵品展2024
期: 2024年5月14日(火)~ 6月30日(日)
入場料: 一般700円/大・高校生500円/中学生以下無料
開館時間 午前10時~午後5時(金曜~午後7時まで)*入場は閉館15分前まで。
休館日: 月曜日
催: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団
展示作家: 石崎昭亜、岩田壮平、海老洋、大久保智睦、荻島香織、桂典子、川又聡、神戸智行、北田克己、呉亜沙、齋正機、杉山佳、髙島圭史、髙橋浩規、永井桃子、朴香淑、長谷川喜久、八田哲、開光市、星晃、牧野環、マコトフジムラ、三瀬夏之介、森山知己

2024年 多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展

「Reflection」

2024年4月19日(金)~5月2日(日)
2024年 多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展「Reflection」 表面
2024年 多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展「Reflection」 裏面

画像をクリックすると拡大画面がご覧になれます。

 同じ景色を見て、私たちはどのように考えるでしょうか。それがたったひとつの出来事であっても、人によって異なる感覚を抱き、それぞれが異なる視点で捉え、異なるものに焦点を当てます。
 鏡は少しの差によって違う画を生み出し、新しい色や風光を表します。私達も身近に存在し合う中で今日まで歩み続け、それぞれが違う経験や思考に触れてきました。その違いが私たちの世界に多様な色を見出しています。自らの姿を顧みることで周囲が与える影響に、そしてお互いに感情が反響、反映していることにも気づくことができるでしょう。
 これらの考えや感情は不可視ですが、自己の内面感情を表現する術を私たちは持っています。多様化が進む社会において、お互いを理解し合う手段に私たちは絵画という表現を選びました。日々移りゆく社会から様々な影響を受け、その中でそれぞれの考え方を反映した表現技法で作品を制作しています。
 展示名である「Reflection」。作家自身が現代社会から経験やアイデンティティ、社会的または時代的なものに対する作家としての考えを反射・反映した表現をしていることから、この言葉を展示名に掲げました。11名の作家が見つめる、個性溢れる世界を楽しんで頂けたら幸いです。

概要

展覧会名: 2024年 多摩美術大学大学院日本画研究領域二年生展「Reflection」
期: 2024年4月19日(金)~5月2日(木)
休館日: 4月22日(月)、4月30日(火)
入場料: 無料
開館時間: 10:00〜17:00(金曜日のみ19:00まで)※入館は閉館15分前まで
催: 多摩美術大学日本画研究室
力: 公益財団法人佐藤国際文化育英財団・佐藤美術館
出品者: 荒井颯子、池田尚法、岩井柚樹、岡千尋、さまた、鶴田慧、チェ・ジミン、陳笑、藤谷なみ、彭楚月、武藤礼奈 以上11名
公開講評会:4月21日(日)14:00〜15:30
お問合せ 多摩美術大学日本画研究室
〒192-0394 東京都八王子市鑓水2-1732
TEL 042-679-5619 fax 042-679-5642
http://www.tamabi.ac.jp/nihonga/
Instagram アカウント: @satobi2024
池田尚法(代表 大学院二年在籍)
Email : 
PAGE
TOP